2008年09月12日

(20081026)第4回責任の文化的形成セミナー

研究会会員からの情報です。
http://www.cci.jambo.africa.kyoto-u.ac.jp/staticpages/index.php/1_aboutcci

2007年度より京都大学を中心に開催してきた「責任の文化的形成セミナー」の第4回として,10月25-26日の2日間にわたって国際シンポジウムを開催いたします.今回は,カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)のAlessandro Duranti教授とElinorOchs教授をお招きします.

  • 場所:京都大学吉田南キャンパス共南11 (詳細は改めて連絡いたします)

2008年10月25日(土)13:00〜
講演

  1. Alessandro Duranti教授(UCLA)
  2. Elinor Ochs教授(UCLA)

2008年10月26日(日)13:00〜
研究発表

  1. 嶋田容子(京都大学)
  2. 川島理恵(日本学術振興会特別研究員/埼玉大学)
  3. 高田 明(京都大学)
  • ディスカッサント:Alessandro Duranti教授(UCLA)、Elinor Ochs教授(UCLA)

  • 発表・討論は英語で行います.通訳はつきません.
  • 当日の御参加は自由です.予約はいりません.
  • 主催:科学研究費補助金 若手研究(S) 「養育者−子ども間相互行為における責任の文化的形成」代表:高田明
  • 問い合わせ:京都大学 嶋田容子
    Email: yohko[at]mmm.mbox.media.kyoto-u.ac.jp
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 01:43| info