2012年01月24日

【研究会情報】(2012-03-26)制度的場面についてのエスノメソドロジー・会話分析研究

会員からの研究会情報を転載します。
※2012-02-07 追記: 終了時間などに変更がありました。

【研究会名】制度的場面についてのエスノメソドロジー・会話分析研究

(日本質的心理学会より助成を受けております)

【日時】平成24年3月26日(月) 11:30-18:00

【会場】新潟青陵大学6 号館2 階6205 講義室兼ゼミ室

【研究会会場の地図】

新潟青陵大学ホームページ内の下記リンク先をご参照ください。http://www.n-seiryo.ac.jp/access/index.html
(西門から入っていただき、真正面奥に見える建物が6号館になります)

【参加費】

  • 日本質的心理学会会員及び学生:無料(学生の方は学生証の提示をお願いします)
  • その他の方:500円

【研究会の目的】

「会話分析を使用して制度的場面をどのように研究するか」を検討する。

【研究会の内容】

  • <研究会第一部>11:30-16:00(途中、ランチタイムを挟む)
    Heritage,J.&Clayman,S. 2010. Talk in Action: Interactions, Identities, and Institutions. Wiley Blackwell
    . を検討する。
  • <研究会第二部>16:15-18:00
    ヴィデオデータのデータセッションを行う。

【研究会の内容】(詳細)

<研究会第一部>11:30-16:00(途中、ランチタイムを挟む)
  • Heritage,J.&Clayman,S. 2010. Talk in Action: Interactions, Identities,and Institutions. Wiley Blackwell.
を検討する。
本書は
第1部:会話分析と社会的制度
第2部:緊急電話サービス場面
第3部:医師‐患者の相互行為
第4部:裁判、陪審員、紛争の解決
第5部:ニュースと政治のコミュニケーション
で構成されている。
本研究会ではそれぞれの場面で「エスノメソドロジー・会話分析的研究」を行っている日本の研究者を招き、それぞれ担当のパートを紹介しつつ検討する。
<各担当者>
 ・第1部担当 秋谷直矩 (立教大学他)
 ・第2部担当 岡田光弘 (国際基督教大学)
 ・第3部担当 海老田大五朗 (新潟青陵大学)
 ・第4部担当 北村隆憲 (東海大学)
 ・第5部担当 酒井信一郎 (共立女子大学)
<研究会第二部>15:45-17:30
ヴィデオデータのデータセッションを行う。
<各担当者>
・「ヴィデオデータの分析について」 担当 南保輔(成城大学)
・データ「医療・福祉場面のデータ」

【注意事項】

  • 報告者及び提供データなどにつきましてはあくまで予定です。当日急遽変更される場合がございます。あしからずご了承ください。
  • 研究会当日、レジュメは配付しますが、上記テキストの販売や貸し出しは行いません。各自でご用意ください。ただし、テキストを持っていなくても研究会に参加することは可能です。
  • 事前申し込みは不要ですが、レジュメを用意する関係上、下記連絡先までご一報いただければ幸いです。
  • 昼食は13:00-13:45 を予定しております。当日学生食堂や学内の生協を利用することは可能ですが、それ以外の店舗が近隣にございません。主催者側で特別な手配もいたしません。昼食をご持参されることを強くお勧めします。
  • 学内は全面禁煙になっております。ご協力のほどよろしくお願いします。
  • 当日は、19:00 より新潟駅近郊で懇親会を予定しております。奮ってご参加ください。
<本研究会に関する連絡先>
担当:海老田大五朗
〒951-8121
新潟県新潟市中央区水道町1丁目5939番地
新潟青陵大学4 号館3 階4320 研究室
e-mail: ebita[at]n-seiryo.ac.jp
([at]を @ にご変更ください)
電話番号: 025-266-9561(研究室直通)
以上
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 09:23| info