2008年02月05日

(2008/03/24-27)ジェフ・クルター(Jeff Coulter)教授来日講演・セミナーのお知らせ

研究会会員からの情報です。
要事前申し込み。詳細はこちらで: http://www.meijigakuin.ac.jp/~aug/JCOULTER_2008.html

日程
2008年3月24日(月曜日)10時30分 - 12時30分
2008年3月24日(月曜日)14時30分 - 16時30分
2008年3月25日(火曜日)10時30分 - 12時30分
2008年3月26日(水曜日)10時30分 - 12時30分
2008年3月26日(水曜日)14時30分 - 16時30分
2008年3月27日(木曜日)14時30分 - 16時30分
会場
明治学院大学 白金キャンパス(予定)
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 09:25| info

2008年01月08日

シンポジウム ヒューマンインタラクションの研究と教育─質的研究を中心に

EMCA研究会会員からの情報です。
http://www.hci.saitama-u.ac.jp/activity/symposium.php#080114
  • 日付 2008年1月14日
  • 場所 埼玉大学総合研究棟シアター教室
  • 主催 埼玉大学、大学教育の国際化推進プログラム(海外先進教育実践支援)「ヒューマンインタラクションの文理融合教育」
続きを読む
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 23:02| info

2007年08月26日

2007-09-05 シンポジウム 質的研究の新時代に向けて

研究会会員からのお知らせです。詳細:埼玉大学理工学研究科

会場:埼玉大学総合研究棟1階シアター教室
日時:平成19年9月5日 13:00〜17:00(埼玉大学総合研究棟1階シアター教室)

続きを読む
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 01:52| info

2007年08月24日

Steven Clayman 教授を囲む研究会のお知らせ

研究会会員からの告知です。


神戸大学「市場化社会の法動態学」研究センター(CDAMS)では、政治的ジャーナリズムの会話分析研究で著名な Steven Clayman 教授(Department of Sociology, UCLA)をお招きして、下記の要領で研究会を行います。どうかふるってご参加ください。
  • 日時: 2007年9月10日(月) 午後3時より午後5時
  • 場所: 神戸大学学術交流アカデミア館504号室
  • 報告者: Steven Clayman 氏(Department of Sociology, UCLA)
  • 題目: 「ホワイトハウス・ジャーナリズムのパラダイム変容ーアメリカ合衆国における1968年以降の批判的ジャーナリズムの興隆を説明するー」("A Paradigm Shift in White House Journalism?:Explaining the Post-1968 Rise of Aggressive Journalism in the United States")
  • コメンテータ: 池田佳子氏(名古屋大学国際言語文化研究科)
  • 使用言語:英語、日本語(通訳はつけません)
  • コーディネータ: 樫村志郎(CDAMS、神戸大学法学研究科)
  • 連絡先: 神戸大学法学研究科21世紀COEプログラム「市場化社会の法動態学」研究センター事務局(email: cdams[atmark]kobe-u.ac.jp)
  • 講師紹介:

    Clayman 教授は、1987年カリフォルニア大学サンタバーバラ校でPh.D.を取得され、ニュース報道、インタビュー、大統領記者会見、メディアのゲートキーピング作用等のテーマを中心に、メディアと政治の領域で会話分析を主要な手段とする多くの研究を、American Sociological Review 等に発表されています。
    近著には、ジョン・ヘリテッジ教授(UCLA)と共著による The News Interview: Journalists and Public Figures on the Air. Cambridge:Cambridge University Press, 2002 があります。
    ホームページ:http://www.soc.ucla.edu/faculty/clayman/index.html

続きを読む
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 13:59| info

2007年08月20日

サイト更新:2007年度 EMCA研究会秋の大会プログラム

エスノメソドロジー・会話分析研究会本年度の活動 に、2007年9月29日に明治学院大学(白金キャンパス)で開催する を掲載しました。
報告要旨などもあわせて掲載しています。ご覧ください。
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 13:09| mng

2007年08月02日

サイト更新:会員著作紹介

posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 23:58| mng

2007年07月23日

EMCA研サイト モバイル版

研究会のウェブサイトがモバイル機器でも閲覧できるようになりました。こちらからアクセスしてください:
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 14:12| mng

2007年07月21日

サイト更新:会員著作紹介

posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 18:59| mng

2007年07月20日

サイト更新:会員著作紹介

posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 11:58| mng

2007年07月10日

会話分析をめぐる二つのシンポジウム@日本社会学理論学会大会

2007年9月3-4日に開催される日本社会学理論学会大会の二日目に、会話分析を主題とした二つのシンポジウムが行われます(要事前申込)
申込および大会に関する詳細は→日本理論社会学会ウェブサイトを参照してください。


10:00〜11:45
シンポジウム「質的研究の現在:会話分析の可能性をめぐって」

  • 登壇者:串田秀也(大阪教育大学)、樫村志郎(神戸大学)
  • コメンテーター:江原由美子(首都大学東京)、茂呂雄二(筑波大学)
  • 司会:西原和久(名古屋大学)

12:30〜16:30
シンポジウム「会話分析と社会学」

  • 登壇者:
    • John Heritage(UCLA社会学部教授) "Constructing and Navigating Epistemic Landscapes: Progressivity, Agency and Resistance in Initial Elements of Responses to Yes/No Questions"
    • Steven Clayman(UCLA社会学部教授) "Question Design and Press-State Relations"
  • 総合司会:山崎敬一(埼玉大学)
  • コーディネーター:川島理恵(日本学術振興会特別研究員)
続きを読む
posted by エスノメソドロジー・会話分析研究会 at 10:56| info